リウマチの改善にラクトフェリン

リウマチは関節や筋肉、骨などに激しい痛みを起こします。治療には薬物療法やリハビリが行われますが、酷い場合は手術の必要もあります。ラクトフェリンは様々な病気の対策に効果的ですが、リウマチの解消にも効果が期待できると言われています。

 

リウマチとは

 

現在使われているリウマチという言葉は、痛風や膠原病などの広い症状に当てはまるリウマチ性疾患と、関節の内面を覆っている活膜という膜に炎症が起こる関節リウマチの2つに分けられます。

 

ラクトフェリンが有効とされているのが後者の関節リウマチで、患者数は約70万人にも及ぶ病気です。はっきりとした原因は不明ですが、リウマチはかかりやすい遺伝的な素質があり、ここにウイルスなどの感染が引き金となり発症すると考えられています。

 

リウマチの初期は免疫異常で起こります。細菌やウイルスから身体を守る免疫機能が異常を起こし、身体の一部を外敵と認識し攻撃してしまいます。この攻撃により活膜に炎症が起こり、リウマチが発症します。

 

リウマチとラクトフェリン

 

免疫異常により発症するリウマチは、ラクトフェリンの持つ効果で解消することができます。ラクトフェリンは免疫力を高める効果がありますが、一方で免疫力の暴走を抑える役割も担っています。

 

ラクトフェリンを摂取することで、炎症の原因となる成分の生成を抑えながら炎症を鎮める成分を増やします。この作用はリウマチの免疫異常の解消に効果的です。

 

ラクトフェリンはサプリメントやラクトフェリン配合のヨーグルトで簡単に摂取することができるので、リウマチに悩んでいる方は治療を進めながら、ラクトフェリンを摂取してみてはいかがでしょうか。