ラクトフェリンは子どもから飲める?

ラクトフェリンは哺乳類の母乳に含まれている成分です。人間の母乳にも含まれており、得に初乳に多く含まれています。

 

ラクトフェリンが含まれている母乳を摂取することで、免疫力アップや抗菌作用が得られ、生まれたばかりの赤ちゃんの健康を保持してくれます。

 

また、近年ではラクトフェリンの健康効果が注目され、ラクトフェリン入りのヨーグルトやサプリメントが販売されるようになりました。様々な健康効果が期待できるラクトフェリンですが、子供が摂取しても問題はないものなのでしょうか。

 

食品のアレルギーに注目

 

ラクトフェリンは母乳に含まれていますが、成長してからは母乳以外から摂取することとなります。ラクトフェリンはたんぱく質の一種で、母乳以外にも食品には乳製品やチーズに含まれています。これらの食品に対しアレルギーがない場合は、子供が摂取しても問題はありません。

 

ラクトフェリン関連商品の場合

 

ラクトフェリンを効果的に摂取したい場合は、ラクトフェリン入りのヨーグルトやサプリメントがあります。ヨーグルトの成分にアレルギーがない場合は、ラクトフェリン入りのヨーグルトを選びましょう。

 

まれにヨーグルトを食べることで下痢を起こしやすくなる方もいるので、その場合は摂取を避けましょう。子供の下痢は重篤化する場合もあるので注意が必要です。

 

また、サプリメントは一番効率よくラクトフェリンを摂取することができますが、商品によっては加工の際に添加物や薬品が配合されることがあります。これらの成分に対し不安感がある方、身体が弱い方は摂取を避けましょう。商品によっては子供の摂取を禁止しているものもあるので、購入前にしっかりと確認しましょう。