ラクトフェリンと自閉症の関係

自閉症は脳の発達障害により他人とコミュニケーションが取りにくくなる病気です。子供の0.1〜0.2%が発症します。治療方法は教育や指導、訓練が中心となり行われますが、ラクトフェリンを摂取し子供の脳を健全に発達させるという方法もあります。

 

自閉症とは

 

自閉症の主な症状は3つです。社会的な交流が困難となる、他人とのコミュニケーションが取りにくい、同じ行動を繰り返す、という症状です。自閉症の子供は多くいます。しかし、他人とのやり取りが上手にできないため、周りからの理解を得にくく、社会生活が送りにくい現状です。

 

自閉症の治療は、患者ができることとできないことを理解し、状況に合わせた教育を行うことが行われます。まれに自閉症患者はパニックに陥り興奮状態となる場合があります。この場合は薬による症状の沈静化が行われますが、自閉症自体の治療に対して有効な薬物治療はありません。

 

自閉症は早期発見が重要となり、継続的な教育が必要となります。近年では環境が改善され、医療機関や地域の保険機関などの補助が受けられます。しかし、患者や家族にかかる負担は大きい病気です。

 

自閉症とラクトフェリン

 

自閉症は患者の年齢や周りの環境に合わせた教育により症状を緩和させ、患者が社会生活を送れるようにします。このような治療のサポートに、ラクトフェリンは効果的です。

 

ラクトフェリンを摂取することで感情のコントロールをサポートし、パニックを起こしにくくなるという報告があります。

 

また、健全な神経系の成長にも役立ち、脳の発達にも役立ちます。効果的な治療法というものではありませんが、治療のサポートとしてラクトフェリンは有効であると言えます。