ラクトフェリンとは

ラクトフェリンとは、人間を含む哺乳動物のミルク内にあるたんぱく質です。

 

出産後にお母さんが赤ちゃんに初めてあげる母乳には、免疫力を高める効果があるという話を聞いたことがありませんか?

 

ラクトフェリンは、抵抗力がまだついていない赤ちゃんをウイルスや細菌から守るための成分をたっぷり含んでいるのです。

 

免疫を高める力

 

特に母乳に多く含まれるため、母乳にしか含まれないと思われがちなラクトフェリンですが、実は哺乳動物の唾液や涙などにも含まれています。

 

だから、乳児を細菌やウイルスから守るだけでなく、成人した大人の健康をも維持する力があるのです。抗炎症や抗菌、抗がんにも役立つと注目されており、特に日本人に多いピロリ菌を体外に排出してくれる働きが話題になっています。

 

免疫の面では、ウイルスに強い防御力を持っています。細胞の力を弱めてしまうガンにも力を発揮するといわれているのは、白血球を活性化することが影響していると考えられています

 

この他、鉄分との相性が良いため、貧血の人に効果があるともいわれています。微生物が増えるのを抑制してくれることから、大腸菌を減少させてビフィズス菌を増やす効果も期待されています

 

乳製品からの摂取

 

哺乳動物のミルクに多く含まれるラクトフェリンは、乳製品からとることが可能です。牛乳、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームからも摂取できるのですが、ただ一点のネックは熱に弱いということです

 

そのため、効率よく摂取するには、サプリメントの利用も考えてみるとよいでしょう。牛乳をそのまま飲むなら、温めたりせずにとるのが一番です。