ラクトフェリンで便秘解消

ラクトフェリンには、熱に弱いという性質があります。その弱点を克服して発売しているサプリメントなどもあり、話題になっています。

 

赤ちゃんの免疫力などを高めるのに良いとされるラクトフェリンですが、大人にとっても大きな働きをしてくれる成分だからです。

 

いろいろな役割を果たすラクトフェリンの効果の中でも、多くの女性に注目されているのが便秘問題です。

 

腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす

 

ラクトフェリンは、腸まで届くと悪玉菌を減らしてくれるという働きを持っています。悪玉菌が減れば善玉菌が活性化されるので、イコール善玉菌の増加につながります。

 

このため、ラクトフェリンを摂取すれば、善玉菌と悪玉菌のバランスがとれることになるのです。腸内の悪玉菌は全くなくなるのもよくありませんが、増えすぎると悪影響をもたらします。

 

便秘がその影響の一つで、便秘を解消するには善玉菌と悪玉菌の量をコントロールする必要があります。ラクトフェリンは、自然な働きでその調整を請け負ってくれるので、便秘に悩んでいる人は積極的にとりたいところです

 

胃で分解されずに腸まで届くものを

 

腸内で良い働きをしてくれるラクトフェリンですが、熱や酸に弱い性質が災いして、通常であれば胃の中でとけてしまいます。ですから、便秘対策にラクトフェリンをとりたい人は、胃でとけずに腸まで届くタイプを選ばなければなりません。

 

一般的な食品からはこの効果はほぼ期待できませんから、サプリメントがピッタリということになりますね。サプリメントや健康食品の中でも、熱や酸対策をとっているものを選ぶようにしてください。