ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンには、実に様々な効果があるといわれています。

 

母親が赤ちゃんに最初に与えて力をつけてあげるミルクに多く含まれていることからも、そのパワーがうかがい知れます。

 

一言でいえば免疫力を高めると単純に思える作用ですが、アレルギー、うつ病、ストレス、ガン、歯周病、感染症、関節炎、ダイエットなどなど、あらゆるといってもいいくらいの幅広い健康目的に効果を発揮してくれるのです

 

中でも代表的なのは、細菌やウイルスから防御してくれる力です。

 

抗菌、抗ウイルスとしてのラクトフェリン

 

人間の体の中には、何千もの細菌が存在しているといいます。特に腸の中には無数の細菌が住んでいるとされ、善玉菌や悪玉菌などと呼ばれていますね。

 

善玉菌にも悪玉菌にもそれなりの役割があるのですが、悪玉菌が増えすぎて善玉菌が減ってしまうと身体は不健康な状態に傾きがちです。

 

しかし、人間の体は内部の働きを敏感に察知することができず、気づかないままにどんどん体調不良に陥ってしまうことがあります。

 

そこで活躍してくれるのが、細菌やウイルスと闘ってくれるラクトフェリンです。結果的に悪い菌を追いやって良い菌を増やしてくれることになるので、人の体にはたくさんあってほしいたんぱく質なのです。

 

ダイエットのためなどにたんぱく質の摂取を控える人がいますが、たんぱく質の不足が危険なのはラクトフェリンのような大きな働きをしてくれる成分がなくなってしまうからです。

 

便秘の解消も

 

大腸内で悪玉菌の過剰な増加を抑制して善玉菌を増やしてくれるということは、腸内の働きをスムーズにしてくれることにつながります。

 

ということは便秘の解消も期待できますから、慢性的にためこみがちな人には朗報ではないでしょうか。このため、ダイエットなどがしやすくなるのもメリットですね。